「毎年母の日には花を贈ります。」

横浜から妹のいる千葉に移住した母は、

花が大好きなので。毎年花にしています。

花が届くと、必ず電話がかかってきます。

お互いの体を気遣い、

困ったことがないか?

家族は元気か?

確認し合います。


「お前はお前で頑張れよ」

妹が2人いる長男として17歳まで一緒に暮らしていましたが、

上の妹には障害があり、下はかなり離れているので、

基本的に僕はいつも自由で、自分のことは自分でやる癖がついていました。

「年を取ったらお前に迷惑はかけないから、自分でしっかり生きていけるようになれよ」


子供の頃から耳にしていたその言葉通り

18で家を出てからはほぼ実家に帰ることなく、今があります。

「うちに金はないぞ」

合言葉のようなその言葉に、

親に頼るという概念はあまりなく、

欲しいものはバイトしたお金で自由に買い、

問題が起こればなんとか自分で解決する。

「しっかりしたお兄さんね」と周囲からよく言われていたこともあり、

そうすることに特に違和感もなく、

高校は公立以外選択肢はなく、

大学はそもそも1mmも考えたことはなく、

職人だった父の背中を見ていたこともあり、

美容師を選んだ記憶があります。


「もう一度はないかもね」

今年も母と電話で話しながら、

「家族に感謝して、職場の人に感謝して、たくさん話をしろ」

と言われました。

父が他界した時は間に合いませんでしたが、火葬場が混んでいたため、

妹の家で1晩父と同じ部屋で過ごさせてもらうことはできました。

思うことはいろいろありましたが、涙が出ない自分には気づいていました。

基本的に僕は冷たい人間なのだろうと思います。

周囲への頼り方は下手で、自分で解決するべきと考えます。

だからだとおもうのですが、、

周囲からの甘えられ方も多分よくわかっておらず、気づけていないかもしれません。

それで人を傷つけていることもあるかもしれません。

ぼんやりそんなことを思いながら、

最後に、「あと1回会えるかどうかだな」と母がつぶやいたので、

「そうかもね」と返しました。

頑張っています。僕なりに。

大丈夫です。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。