img_eb432375bf287ef70ddf15d4f13c2640135666


「イカゲーム」

お客様から勧めていただき、夜な夜な見てしまいました。

面白かったです。

あのゲーム開始の時のBGMは耳に残りますね。

懐かしさと、シンプルさが音だけ聞くとなんとも心地よいというか。


「なぜ面白かったのか」


1番目のゲームは「だるまさんがころんだ」でした。

これには当然馴染みがありますので、

ゲーム自体のルールももちろんわかって見れたので、

ここでハマりました。

その後のゲームも基本的にはシンプルなものばかりで楽に見れます。


あと、主人公のバックグラウンドなんかがとても丁寧に描かれていて、

展開のスピードがゆっくりなところも心地よかったような気がします。

スピード感のある現代にある意味「休息時間」のようにも感じた部分が、

面白く感じた理由かもしれません。


「人生の選択にもにている」


本作品は「ゲーム参加者側」と「ゲーム主催者側」という大きな括り関係性で描かれていますが、

最終話で主催者が誰なのかがわかり、


「あ〜だからだるまさんが転んだの時・・・」といった振り返りも楽しかったです。


ちょっと冷静に(たしかにね)と感じたのは、


ゲーム参加者はだれも強制されていなかったということ。

ほとんどの参加者が一度は解放されたのち、

リスクを知った上で自分の意思で再び参加しました。

もしかしたら得られるかもしれない希望のために。


それでもやはり状況が悪化すると、

誰かや、何かのせいにしてしまう。

死亡フラグが立つキャラの特徴でもありました。


多分セカンドシーズンありますね。

「地獄が呼んでいる」


こちらも今み始めたところで、4話くらいまでいきました。


まだわからないことも多いですが、やはりシンプルな作りであることは同じで見やすいです。


3話までで僕が勝手に感じていた「悪いことはできない、というメッセージがメインかな?」という部分は、

4話で打ち砕かれそうです。

「え?」というキャラが「いま?」というタイミングでどんどん召されていくので、

まだまだ理解し切れていませんが、面白いので見続けてみます。

召されるシーンはサイコパス系の「痛い感じ」とかではなく、

中々シンプルに酷いです。


恋愛ものは何話かみてハマれなかった韓国ドラマですが、

今回は2連勝。

なかなかです。

NETFLIXはサロンで見れます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。